暗号資産

【仮想通貨】Metahero(メタヒーロー/HERO)の買い方・概要を解説

「Metahero(メタヒーロー\HERO)てどんなプロジェクト?Metahero(メタヒーロー\HERO)の購入方法も知りたい。」

 

こんな悩みを解決できる記事となっています。

 

Metahero(メタヒーロー\HERO)は3Dスキャンを使用し、人や物をNFTとしてメタバース空間に持ち込むことが出来るようになるプロジェクトです。3Dスキャンした人や物は現実と見た目がほぼ変わらないレベルのクオリティで、現実と仮想の区別がつかなくなるほどです。

 

世界的にメタバースが注目されている今、未来の転送システムのようなMetahero(メタヒーロー\HERO)の概要や特徴・購入方法、そして将来性について解説していきます。

 

Metahero(メタヒーロー\HERO)は海外取引所でしか購入できません。購入するには国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金する必要があります。国内取引所でオススメのコインチェックで無料口座開設をして仮想通貨を購入しておきましょう。

最短即日で口座開設ができ、アプリが非常に使いやすいためオススメです。

 

コインチェックで無料口座開設をする

 

Metahero(メタヒーロー/HERO)の概要

名称 Metahero
通貨名 HERO
発行枚数 100億枚
取引所 Bybit、Gate.io、KuCoin
公式サイト http://metahero.io/
Twitter https://twitter.com/Metahero_io

Metahero(メタヒーロー/HERO)とは、人や物を3Dスキャン技術を用いてメタバース空間へ持ち込むことが出来るプロジェクトです。Metaheroが発行する仮想通貨がHEROになります。メタバース空間へ持ち込んだ物はNFTとなっており、ブロックチェーン技術を用いて現実と同じように所有者が明確に分かるようになっています。

 

美麗なグラフィックで有名なメタバースプロジェクト「Everdome」のアバター作成にはMetaheroの技術が使われています。

≫【仮想通貨】Everdome(エバードーム/DOME)の買い方と概要を解説

 

また、MetaheroはTENSETの第2GEMとしてリリースされています。

≫テンセット(TENSET/10set)の概要と買い方・購入方法を解説

 

以下の動画を見ていただくとそのリアルさが分かると思います。

 

Metaheroと提携している企業

Metahetoと提携している企業には日本の「SONY」や世界的3Dスキャン企業のWolf Groupなどがあります。

Metaheroの3DスキャンにはSONYのカメラが使用されており、16Kの解像度を誇ります。

 

Wolf Groupは、以下の世界的企業にサービスを提供していることで有名です。

・フェラーリ

・ハイネケン

・ディズニー

・トヨタ

・CD Projekt(サイバーパンク2077)

提携している企業からも、Metaheroへの期待は非常に高いでしょう。

 

仮想通貨HERO

3Dスキャンしてメタバース内へ持ち込んだNFTの売買やMetaheroのエコシステムで使用される仮想通貨HEROには以下のような特徴があります。

・デフレトークン

・スマートステーキング機能

 

デフレトークン

デフレトークンとは発行される通貨の一部を焼却(バーン)し、総発行枚数を減らすことで仮想通貨1枚あたりの価値を高めていく方法です。

仮想通貨HEROにもデフレトークンの仕組みが組み込まれており、Metaheroの人気が上がり総枚数が減っていくと1枚あたりの価値は高くなっていくという仕組みです。

今後メタバースが普及するにつれて価値が上昇する見込みは非常に高いでしょう。

 

スマートステーキング機能

スマートステーキング機能とはユーザーが取引して支払った手数料の一部を、仮想通貨HERO保有者へ還元する仕組みです。

仮想通貨HEROを保有しているだけで利益を得られるのが特徴です。

 

Metahero(HERO)の買い方

Metahero(HERO)は国内取引所で購入する事ができません。

国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金して購入という流れになります。

Metahero(HERO)の購入手順は以下。

手順①:国内取引所で口座開設

手順②:海外取引所へ仮想通貨を送金

手順③:Metahero(HERO)を購入

 

手順①:国内取引所で口座開設

海外取引所へ仮想通貨を送金するには国内取引所の口座は必須になるので、まずは国内取引所で無料口座開設を行いましょう。

国内取引所で無料口座開設する際は、最短即日で完了するコインチェックがオススメです。

コインチェックおすすめの理由は以下

ポイント

・取り扱っている仮想通貨の数が多い

・画面が見やすく使いやすい

・アプリのダウンロード数日本一と人気

口座開設方法は以下で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

≫【完全無料】コインチェックで口座開設から入金~購入までの手順を解説

 

手順②:海外取引所へ仮想通貨を送金

次に海外取引所へ仮想通貨を送金していきます。

海外取引所の口座を持っていない方はMetahero(HERO)を購入できるBybitがオススメです。

手数料が安く、日本語にも対応しているので安心して使えます。

口座開設の手順は以下で解説していますので参考にしてみてください。

≫bybitへの登録・口座開設の方法を解説【本人確認の手順も解説】

 

手順③:Metahero(HERO)を購入

最後にMetahero(HERO)を購入します。

BybitでMetahero(HERO)を購入するには仮想通貨のUSDTが必要になるので、コインチェックから送金した仮想通貨をUSDTへ変換しておきましょう。

①現物→②現物取引→③購入・変換したい通貨名を入力することで仮想通貨の購入または変換ができます。

 

Metahero(HERO)の価格推移

Metahero(HERO)は2021年7月に上場し、その後は順調に価格を上げていました。

一時期は27円台を記録するも、2022年に入ってからは価格は下がり気味で現在は(2022年10月13日時点)1HERO=0.55円となっています。

2021年の9月から年末にかけて大きく価格上昇した背景には、Facebookが社名をmetaへ変更した事が大きく影響しています。

今は大きく価格を下げている状況ですが、現在数多くの企業がメタバースへ参入してきており今後のメタバースの普及と共に価格が上がっていくことが予想されます。

現在、1HERO=0.55円と非常に安く今後のメタバースの普及を考えると将来大きな価格上昇を見込めるかもしれません。

 

まとめ

今回はMetahero(メタヒーロー/HERO)について解説しました。

今後のメタバースの普及と共にVR・AR・MRなどの技術も発展していくと、リアルな3Dスキャン技術を持つMetaheroは確実に注目されることでしょう。

現実と仮想の区別がつかないくらいリアルなメタバースが誕生するのも、時間の問題かもしれませんね。

以下、Metaheroについてまとめます。

・Metaheroは3Dスキャン技術を使用したプロジェクト

・人や物を現実と変わらないクオリティで、NFTとしてメタバースへ持ち込める

・メタバースの普及と共に、今後大きく成長することが予想される

最後に、Metahero(HERO)は海外取引所でしか購入できません。国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金する必要があります。

Metahero(HERO)の購入を考えている方は、コインチェックで無料口座開設して仮想通貨を購入しておきましょう。

 

コインチェックで無料口座開設をする

 

-暗号資産
-, ,

Copyright© TG BLOG , 2022 All Rights Reserved.