当サイトはPR・広告を含む場合があります。

 

暗号資産

【誰でも億り人のチャンス!?】仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)の購入方法を解説

「価格高騰している仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)で利益を得たい。どこで買えばいいの?購入方法も知りたい!」

こんな悩みを解決できる記事となっています。

仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)は驚異的な成長を遂げ、数千倍の価格上昇を記録して億り人が出て話題となりました。

DOGE(ドージコイン)やSHIB(シバコイン)をも凌駕する注目のミームコインとして今注目を集めています。

さらに、PEPE(ぺぺコイン)は大手取引所にも次々と上場し、その人気は爆発的に広がっています。

数万円をPEPE(ぺぺコイン)に投資し、翌日には数億円という夢のような利益を得た人もいたり、自分もPEPE(ぺぺコイン)を買ってみたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

数千円の投資で、とてつもない大きな利益を出せるのがミームコインの魅力の一つでもあります。

ただし、リスクがないわけではありません。ミームコインは価値が急激に変動する可能性がありますので、慎重に投資を検討し、自己責任で行動することが重要です。

なお購入する際は、余剰資金で少額から購入することをお勧めします。

仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)は海外の仮想通貨取引所で購入できますが、国内の仮想通貨取引所から仮想通貨を送金しなければなりません。

国内の仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、国内大手のコインチェックで口座開設をしておきましょう。(口座開設は無料

コインチェックは初心者でも使いやすく、500円から仮想通貨を購入できるのでおすすめです。

 

コインチェックで無料口座開設をする

 

PEPE(ぺぺコイン)とは

PEPE(ペペコイン)は、人気ウェブ漫画「Boy's Club」のキャラクターである「Pepe the Frog」を元にしたミームコインです。

ミームコインとは、SNSやインターネットで広まった面白いネタをコインとして取り込んだ、ジョークコインの一種です。

PEPE(ペペコイン)は2023年4月に取引がスタートし、すでに大手仮想通貨取引所に上場しており、注目を浴びています。これからさらなる成長が期待されています。

また、PEPE(ペペコイン)はリリース後、1日で数千パーセントの価格上昇をしており、億り人を生み出したことでも話題になりました。

さらに、PEPE(ペペコイン)は「ミームの王」という目標を掲げています。公式サイトには、挑発的でユニークな画像が掲載されており、強いエンターテインメント性を持っています。これは、他のコインとは一線を画し、魅力的な要素を持つコインと言えます。

 

PEPE(ペペコイン)は他のミームコインと何が違うのか

プレセールが行われていない

PEPE(ペペコイン)は、ほとんどの仮想通貨プロジェクトが行う、一般発売前に通常よりも安価でコインを購入できるプレセールを実施していません。

プレセールは限られた人だけが参加でき、その結果、不公平感を抱く方も多くいます。

PEPE(ペペコイン)は特定の個人が利益を得るような不公平さを生み出さないため、プレセールを行わず、全ての人に公平なチャンスを提供しています。

本質的な価値はないと公式が明言

PEPE(ペペコイン)は、本質的な価値はないと公式が明言しています。

「PEPE(ペペコイン)は本質的価値や財務的なリターンの期待がないミームコインです。公式のチームやロードマップもありません。このコインは完全に役に立たず、娯楽目的のみです。」

以上のように、PEPE(ペペコイン)は娯楽目的のコインにも関わらず、大幅な価格上昇をしており、他のミームコインと一線を画す立ち位置に魅力を感じている人がいることが伺えます。

税金(TAX)ゼロ

PEPE(ペペコイン)は、取引に関する税金がゼロであるという魅力があります。

ユーザーはPEPE(ペペコイン)を取引する際に手数料や税金を気にする必要がありません。

これにより、ユーザーはコストを気にすることなく取引を行うことができ、通常よりも高い利益率を得ることができます。

そのため、取引しやすく利益を最大化できるユーザー目線のトークンと言えるでしょう。PEPEコインは、取引を簡単かつコスト効果的に行うことができる魅力的なトークンです。

プロジェクトの透明性の高さ

PEPE(ペペコイン)は、非常に透明性の高いプロジェクトです。

PEPE(ペペコイン)の総発行量の93.1%は流動性プールに割り当てられています。残りの6.9%はマルチシグウォレットで保管されていおり、将来CEX(中央集権取引所)への上場準備や異なるブロックチェーンでのトークン移動、流動性プールのみに使用されることが公式で明らかにされています。

93.1%が流動性プールに割り当てられているという事は、欲しい人がいつでも仮想通貨を購入でき、売りたい人もいつでも仮想通貨を売ることができる、流動性の高さを表しています。

一般的に、多くの投資家は流動性の高いプロジェクトに資金を投入しやすい傾向にあります。

また、マルチシグウォレットは「pepecexwallet.eth」で検索することで追跡可能です。

メモ

マルチシグウォレットとは、複数の人が協力して資金を管理するウォレットです。お金を送るためには、複数の人が署名する必要があります。これにより、セキュリティが向上し、不正利用やミスを防ぐことができます。マルチシグウォレットは、信頼性とセキュリティを高めるために使用されます。

PEPE(ぺぺコイン)の概要

名称 Pepe
通貨名 PEPE
総発行枚数 420.69兆枚
取引所 Bybit、BINANCE、OKX、MEXC
公式サイト https://www.pepe.vip/
Twitter https://twitter.com/pepecoineth
Discord https://discord.gg/pepe-palace

PEPE(ペペコイン)は、2023年4月に誕生した新しいミームコインです。

PEPE(ペペコイン)は多くの海外大手取引所に上場しており、世界中の人々が簡単に取引を行うことができます。その人気の高さを示す一例として、PEPE(ペペコイン)はTwitterのフォロワーは30万人を超えています。

多くの海外大手取引所に上場したことから、大きく価格上昇をしており、「ミームの王」を目指すPEPE(ペペコイン)の今後の動向が注目されています。

 

PEPE(ぺぺコイン)の価格が高騰した理由

PEPE(ぺぺコイン)が大きく価格上昇した背景には、億り人がでて話題になったことが挙げられます。その後を追うように多くの一般の人々もPEPE(ぺぺコイン)を購入する動きが生まれ、大きな価格上昇につながりました。

また、ドージコインや柴犬コインなどのミームコインが大きな価格上昇を遂げたという前例があります。これらの成功例が、ペペコインへの信頼や期待を高め、投資家やトレーダーの関心を引いたのも理由の一つでしょう。

さらに、PEPE(ぺぺコイン)は多くの海外大手取引所に上場しています。これにより、多くの人が簡単にPEPE(ぺぺコイン)を取引することができ、市場の流動性が向上しました。

最後に、いわゆるクジラと呼ばれる大口投資家がPEPE(ぺぺコイン)を大量に購入したことも価格上昇の要因となりました。彼らの存在が市場に影響を与え、ペペコインへの需要を高めたのです。

これらの要素が相まって、ペペコインの価格は急激に上昇しました。億り人の存在や他のミームコインの成功例、大手取引所への上場、そしてクジラの参入などが、投資家やトレーダーの関心を引き付け、ペペコインの市場価値を押し上げたのです。

 

PEPE(ぺぺコイン)は儲かる?今後の気になる価格は?

PEPE(ぺぺコイン)を購入するか迷っている人は、今後の価値上昇の可能性について気になるでしょう。

まず、PEPE(ぺぺコイン)は将来性に期待ができるプロジェクトであり、そのロードマップが公開されています。これにより、PEPE(ぺぺコイン)がどのように進化し、成長するのかを見ることができます。将来のビジョンと計画が明確に示されているため、投資家は安心感を持ちながらPEPE(ぺぺコイン)に投資できます。

また、PEPE(ぺぺコイン)は新たな取引所への上場の可能性が高いです。上場後は一般の投資家も、容易にアクセス可能になり、需要が急増することが予想されます。過去の仮想通貨市場のトレンドからも、新たな上場によって価格が上昇するケースが多いことがわかっています。そのため、PEPE(ぺぺコイン)の新たな上場が実現すれば、投資家にとって非常に魅力的なチャンスとなるでしょう。

さらに、PEPE(ぺぺコイン)はまだ日本であまり知られていないミームコインです。しかし、日本の仮想通貨市場は世界的に見ても非常に大きいです。PEPE(ぺぺコイン)が日本で広まることで、需要が急増し、その結果として価格が上昇する可能性があります。日本の市場は非常に活発であり、多くの投資家が参入することが予想されます。このような市場の特性を考慮すると、PEPE(ぺぺコイン)の将来的な成長が期待できると言えるでしょう。

最後に、PEPE(ぺぺコイン)はOpensea Proというマーケットプレイスの決済に対応しています。Openseaは非常に人気のあるプラットフォームであり、他のプラットフォームでもPEPE(ぺぺコイン)の採用が増えれば需要も増加することが予想されます。さまざまなプラットフォームでPEPE(ぺぺコイン)が利用されることで、需要が一層高まり、価値が上昇する可能性があります。

 

PEPE(ぺぺコイン)の買い方

PEPE(ぺぺコイン)の買い方は以下になります。

手順①:国内の仮想通貨取引所の口座開設

手順②:海外の仮想通貨取引所へ送金

手順③:PEPE(ペペコイン)を購入

手順①:国内の仮想通貨取引所の口座開設

まず国内の仮想通貨取引所の口座開設をします。

仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)は海外の仮想通貨取引所で購入できますが、国内の仮想通貨取引所から仮想通貨を送金しなければなりません。

口座開設する際は、初心者でも使いやすく、500円から仮想通貨を購入できる国内最大手の取引所、コインチェックで口座開設(口座開設は無料)をしてイーサリアムやリップルなどの仮想通貨を購入しておきましょう。

購入する際は、送金手数料の安いXRP(リップル)がおすすめです。

コインチェックでは以下の方法で仮想通貨の購入ができます。

手順②:海外の仮想通貨取引所へ送金

コインチェックで仮想通貨の購入がすんだら、海外の仮想通貨取引所に送金します。

海外の仮想通貨を利用する際はBybitがおすすめです。

≫bybitへの登録・口座開設の方法を解説【本人確認の手順も解説】

コインチェックからBybitに送金する際は以下の手順で行います。

手順③:PEPE(ペペコイン)を購入

最後に、PEPE(ペペコイン)を購入します。

PEPE(ペペコイン)は仮想通貨USDTでしか購入できないため、まずXRPをUSDTに交換します。

「現物」→「現物取引」を選択

①検索欄に「XRP」と入力→②XRP/USDTを選択→③売りたいXRPの数量を入力することでUSDTと交換できます

XRPをUSDTに交換できたら、PEPE(ぺぺコイン)を購入します。

①検索欄に「PEPE」と入力→②PEPE/USDTを選択→③買いたいPEPEの数量を入力することでPEPE(ぺぺコイン)を購入できます。

PEPE(ぺぺコイン)を購入する際の注意点

PEPE(ぺぺコイン)を購入する際には以下の点に注意しましょう。

・送金先アドレスのミス

・価格暴落の可能性

・詐欺に注意

・競合が多い

送金先アドレスのミス

PEPE(ぺぺコイン)を購入する際には、送金先アドレスのミスに注意しましょう。

国内から海外の取引所に送金する際に、アドレスを間違うと送金した仮想通貨は消えてなくなる可能性があります。

送金先アドレスは必ずコピペで行い、手入力は絶対しないようにしましょう。

価格暴落の可能性

PEPE(ぺぺコイン)などのミームコインは、ボラティリティ(価格変動の幅)が大きいため、大きく利益を出せる可能性がある一方、価格暴落の可能性もあります。

購入したタイミングによっては損失を出すおそれもあるので、まずは少額から投資することをおすすめします。

詐欺に注意

PEPE(ぺぺコイン)は現在非常に注目を集めているため、類似品や詐欺が非常に多く存在します。

購入する際は十分に注意し、信頼できる大手の取引所を使用しましょう。

競合が多い

PEPE(ぺぺコイン)などのミームコインには競合が多く存在します。

代表例が、DOGE(ドージコイン)やSHIB(柴犬コイン)でしょう。PEPE(ぺぺコイン)は「ミームの王」となることを目標に掲げていますが、強力な競合がいることは忘れてはなりません。

今後PEPE(ぺぺコイン)が他のミームコインと、どういう差別化を図っていくのかには注目する必要があるでしょう。

 

まとめ

今回は大きく価格上昇をし、億り人も出たPEPE(ぺぺコイン)について解説してきました。

PEPE(ぺぺコイン)は今後の将来性が非常に期待できるミームコインで、海外の大手取引所にも多数上場しており将来性があるミームコインです。

数千円の投資で大きく利益を上げれる可能性のある、数少ないミームコインですがリスクを十分に理解し投資することが重要です。

PEPE(ぺぺコイン)を購入する場合は、国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入しておきましょう。

国内の仮想通貨取引所を利用する際は、初心者でも使いやすく500円から仮想通貨を購入できる、国内最大手のコインチェックで口座開設しておきましょう。(口座開設は無料

 

コインチェックで無料口座開設をする

-暗号資産
-, , ,

Copyright© TG BLOG , 2024 All Rights Reserved.