暗号資産

【簡単】Astar(ASTR)の買い方【概要・特徴も解説】

 

「Astar(ASTR)の買い方を知りたい。Astar(ASTR)の概要や特徴も知りたい。」

 

こんな悩みを解決できる記事となっています。

 

日本発のパブリックブロックチェーンとして国内外から注目されているAstar(ASTR)。

 

2022年1月にメインネットが立ち上げられたばかりのAstar(ASTR)について解説していきます。

 

Astar(ASTR)とは?特徴を解説

 

Astar(ASTR)の特徴は以下。

 

・日本発のパブリックブロックチェーン

・ポルカドットのパラチェーン

 

日本発のパブリックブロックチェーン

Astar(ASTR)は日本発のパブリックブロックチェーンであり、ポルカドットの目指すWEB3.0を実現させるためのプロジェクトになります。

 

Astar(ASTR)は日本の渡辺創太さんが代表を務める「Stake Technologies」が中心となって開発が行われており、本田圭祐さんも出資していることで有名ですね。

 

またマイクロソフトやバイナンスといった海外の有名企業からも支援されており、注目の高さがうかがえます。

 

ポルカドットのパラチェーン

 

そして、Astat(ASTR)はポルカドットのパラチェーンになります。

 

ポルカドットに接続できるパラチェーンは100個までと決まっており、Astar(ASTR)は世界で3番目にポルカドットのパラチェーンとなる権利を獲得しました。

 

パラチェーンとはリレーチェーン(メインチェーン)に繋がるブロックチェーンの事。

簡単に言うとポルカドットに接続するブロックチェーンの事である。

 

ポルカドット自体はスマートコントラクト機能を持たない為、そのスマートコントラクト機能を提供するのがAstar(ASTR)の役割りとなっています。

 

Astar(ASTR)の概要

 

名称 Astar
通貨名 ASTR
時価総額 222位
取引所 BINANCE、Gate.io
公式サイト https://astar.network/

 

Astar(ASTR)の買い方

 

Astar(ASTR)は国内での取り扱いがない為、海外の取引所を使う必要があります。

 

Astar(ASTR)の買い方は以下。

 

手順①:国内と海外の取引所で口座開設

手順②:国内取引所から海外取引所に暗号資産を送金

手順③:ASTRを購入

 

手順①:国内と海外の取引所で口座開設

まずは国内と海外の取引所の口座開設をしましょう。

 

国内の取引所は「コインチェック」がおすすめです。

初心者にも使いやすくアプリのダウンロード数日本一なので迷ったらコインチェックでよいかと。

 

【完全無料】コインチェックで口座開設から入金~購入までの手順を解説

続きを見る

 

海外の取引所は「バイナンス」がおすすめです。

世界最大級の取引所であり海外の取引所といえばバイナンスというくらい有名なので開設しておいて損はないかと思います。

※日本語にも対応してます。

 

【最新】バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設の手順

続きを見る

 

手順②:国内取引所から海外取引所に暗号資産を送金

口座開設が終わったら国内の取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入し、海外の取引所に送金していきます。

 

送金方法は以下で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

 

コインチェックからバイナンスへ送金する方法を解説

続きを見る

 

手順③:ASTRを購入

最後にASTRを購入して完了です。

 

バイナンスでの暗号資産(仮想通貨)の購入方法については以下で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

 

【超簡単】バイナンスで仮想通貨(暗号資産)を購入する方法

続きを見る

 

Astar(ASTR)の将来性

 

Astar(ASTR)の将来性について考えていきたいと思います。

 

・WEB3.0の実現

・多くの世界的企業からの支援

・ETH2.0アップデート

 

WEB3.0の実現

Astar(ASTR)のリレーチェーンであるポルカドットはWEB3.0を実現させるためのプロジェクトである事です。

 

将来確実に来るであろうことが予想されるWEB3.0に向けてのプロジェクトであるポルカドットに、世界で3番目にパラチェーンとなる権利を獲得しているAstar(ASTR)は今後も成長する可能性が大いにあると思われます。

 

多くの世界的企業からの支援

Astar(ASTR)は様々な企業や投資家からの支援や出資を受けています。

 

・バイナンス

・マイクロソフト

・Coincheck Labs

・本田圭佑

・ギャビン・ウッド

 

世界中から支援されており、将来性も期待されていることがわかりますね。

 

ETH2.0アップデート

ETH2.0のアップデートにより、Astar(ASTR)が影響を受ける可能性がある。

 

ETHはスケーラビリティという問題を抱えており、これをETH2.0のアップデートで解決する予定になっています。

 

スケーラビリティとは取引量が多くなるとトランザクション(取引)の遅延が起きて手数料が高くなる事。

 

スケーラビリティーの問題が解決されればAstar(ASTR)の優位性が下がる可能性があるので、そこは注意しておきたいところです。

 

まとめ

 

最後にAstar(ASTR)の要点をまとめます。

 

・Astar(ASTR)は日本発のパブリックブロックチェーン

・Astar(ASTR)はポルカドットのパラチェーンである

・世界から多くの支援を受けている

 

以上、Astar(ASTR)の解説でした。

 

ASTRを購入するには海外の取引所が必要になってくるため、国内の取引所での口座開設は必須になります。

 

コインチェックなら500円から暗号資産(仮想通貨)を購入できるので迷っているならまず行動してみましょう。

※口座開設は無料でできます。

 

コインチェック 公式サイト

 

今回は以上となります。

 

-暗号資産
-,

Copyright© TG BLOG , 2022 All Rights Reserved.