暗号資産

ApeCoin(APE/エイプコイン)の買い方【概要・特徴も解説】

 

「ApeCoin(APE/エイプコイン)の買い方を知りたい。ApeCoin(APE/エイプコイン)の概要や特徴もしりたいな。」

 

こんな悩みを解決できる記事となっています。

 

ApeCoin(APE/エイプコイン)は人気NFTのBAYC(Bored Ape Yacht Club)に関連する暗号資産(仮想通貨)となっています。

 

ApeCoin(APE/エイプコイン)は海外の取引所でしか購入することが出来ません。

 

海外の取引所を利用するには、国内の取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入し海外の取引所に送金する必要があるので、コインチェックなどで口座開設をしておきましょう。

※口座開設は無料でできます。

 

ApeCoin(APE)とは?

 

ApeCoin(APE)は「ApeCoin DAO」が発行する暗号資産(仮想通貨)です。

 

「ApeCoin DAO」は、人気NFT「BAYC(Bored Ape Yacht Club)」を発行する「Yuga Labs」が立ち上げに関わったDAOになります。

 

DAO(自律分散型組織)とは、特定の管理者がいない組織のことである。

簡単に言えば、社長のいない会社みたいなものですね。

 

ApeCoin(APE)の概要

 

名称 ApeCoin
通貨名 APE
時価総額 31位
取引所 BINANCE、Bybit、Gate.io
公式サイト https://apecoin.com/

 

 

ApeCoin(APE)の特徴

 

ApeCoin(APE)の特徴は以下。

 

・「Yuga Labs」が関わっている

・ガバナンストークン

・大手取引所に上場

 

「Yuga Labs」が関わっている

ApeCoin(APE)を発行する「ApeCoin DAO」の立ち上げには「Yuga Labs」が関わっています。

 

「Yuga Labs」は人気NFTのBAYC(Bored Ape Yacht Club)を発行する団体で、BAYC(Bored Ape Yacht Club)は多くの著名人が保有し価格は1つ数千万円と高額な値段が付いています。

 

ApeCoin(APE)はBAYCに関わる暗号資産(仮想通貨)ということでとても注目を集めています。

 

BAYCを購入した主な著名人は以下。

 

・マドンナ

・ジャスティンビーバー

・パリスヒルトン

・松浦勝人

・関口メンディー

 

ガバナンストークン

ApeCoin(APE)はガバナンストークンとしての役割も持ち合わせています。

 

ガバナンストークンとは、DAOの運営や意思決定に参加できる投票権みたいなもの。

ガバナンストークンを保有することで、DAOの運営や意思決定に関わることができる。

 

ApeCoin(APE)の保有者は「ApeCoin DAO」の運営に関わることが可能となっています。

 

大手取引所に上場

ApeCoin(APE)は大手取引所に上場しています。

 

海外の大手取引所「BINANCE」「Bybit」「Gate.io」などに上場しており、上場しているということは一定の審査や基準をクリアしているということになります。

 

大手取引所に上場しているということは、注目度の高さや今後の期待も大きそうですね。

 

ApeCoin(APE)の買い方

 

ApeCoin(APE)は国内での取り扱いがなく、海外の取引所で購入する必要があります。

 

購入手順は以下。

 

手順①:国内と海外の取引所で口座開設

手順②:国内で購入した暗号資産(仮想通貨)を海外の取引所に送金

手順③:ApeCoin(APE)を購入

 

手順①:国内と海外の取引所で口座開設

まずは国内と海外の取引所で口座開設をしましょう。

 

おすすめは「コインチェック」と「バイナンス」です。

コインチェックは初心者でも使いやすく、アプリのダウンロード数も日本一と多くの人が使う取引所なので安心かと。

バイナンスは世界最大の海外取引所で、海外取引所といえばバイナンスというくらい有名なのでおすすめです。

 

口座開設方法は以下で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

 

【完全無料】コインチェックで口座開設から入金~購入までの手順を解説

続きを見る

【最新】バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設の手順

続きを見る

 

手順②:国内で購入した暗号資産(仮想通貨)を海外の取引所に送金

口座開設が終わったらコインチェックで購入した暗号資産(仮想通貨)をバイナンスに送金していきましょう。

 

送金方法は以下で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

 

コインチェックからバイナンスへ送金する方法を解説

続きを見る

 

手順③:ApeCoin(APE)を購入

最後にApeCoin(APE)を購入して完了です。

 

バイナンスでの暗号資産(仮想通貨)の購入方法については以下で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

 

【超簡単】バイナンスで仮想通貨(暗号資産)を購入する方法

続きを見る

 

まとめ

 

最後にApeCoin(APE)について、まとめていきます。

 

・ApeCoin(APE)は「ApeCoin DAO」が発行するトークン

・ApeCoin(APE)は人気NFT「BAYC」に関する暗号資産(仮想通貨)

・ガバナンストークンの役割りも兼ねている

 

以上、ApeCoin(APE)の解説でした。

 

ApeCoin(APE)は海外取引所でしか購入できないので、まずはコインチェックなどで口座開設をして暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

※口座開設は無料でできます。

 

コインチェック 公式サイト

 

 

-暗号資産
-,

Copyright© TG BLOG , 2022 All Rights Reserved.