暗号資産

MetaMask(メタマスク)でトークンをスワップ(交換)する方法

メタマスク トークンスワップ

「MetaMask(メタマスク)でトークンをスワップ(交換)する方法を知りたい。そもそもトークンのスワップって何?」

 

こんな悩みを解決できる記事となっています。

 

メタマスクにはトークンをスワップ(交換)する機能が備わっています。

スワップとはトークンを別のトークンに交換する事を言い、ETHからUSDT、USDCからMATICなどイーサリアム系のトークンであれば簡単にスワップ(交換)できます。

通常トークンをスワップ(交換)する場合取引所を使用するのが一般的ですが、メタマスクを使えば取引所を介すことなく最良のレート・手数料で簡単にトークンのスワップが行えます。

メタマスクはイーサリアム系のトークンを管理するウォレットになるのでイーサリアム系以外のトークンは扱えないので注意しましょう。

 

メタマスクでトークンをスワップ(交換)する方法

それでは実際にトークンをスワップしていく手順を解説していきます。

 

メタマスクを開いたら、スワップしたいトークンを選択します。(今回はXPトークンをスワップします)

 

「スワップ」を選択。

 

①スワップしたい数量を入力。 ②スワップして入手したいトークンを選択。(今回はUSDT) ③「スワップの確認」をクリック。

 

ガス代が表示されるので、確認して問題なければ「スワップ」をクリック。

 

スワップ完了までの時間が表示されるので、時間がたつまで待ちます。

 

「スワップ完了!」が表示されたら「閉じる」をクリック。

 

スワップしたトークンが表示されていれば完了です。

 

 

スワップが出来ない時の対処法

「見積もりを取得できません」などのエラーが表示され、スワップが出来ない場合は以下の方法で解決する場合があります。

 

「詳細オプション」を押すと最大スリッページの画面が表示されるので、最大スリッページのパーセンテージを上げることで解決する場合があります。

※カスタムを選択すると、任意の数値を入力できます。

 

メモ

スリッページとは、注文時の価格と承認時の価格の誤差のこと。

 

-暗号資産
-, ,

Copyright© TG BLOG , 2022 All Rights Reserved.